城陽・宇治・京田辺・近鉄京都線沿いで整体をお探しならマッサージよりも芯からゆるむ慢性症状専門の整体院。医療従事者も推薦の【からだ回復センター京都城陽】へ

私が治療家になった理由

私が治療家になった理由



こんにちは、からだの外と内から健康に!。を合い言葉に


食養・栄養にも詳しい整体院


「からだ回復センター京都城陽」代表の柴田です。


少し自己紹介をさせていただきます。


幼少期~

昭和45年の12月に京都市で生まれました。 玉のようにかわいい赤ちゃんだったと母が言っていました。(親バカですね。でもありがたいです。)


小学校を卒業するころにはパンが大好きだったので将来はパン屋さんになると思っておりその後、中学校の進路を決める時には高校に行かずイタリアンのシェフになると決めておりました。


しかし、高校だけは出ておきなさいと親や親せき、先生の勧めで高校に行き、
高校3年間で医療の方にも興味が出てきたので食と医療を兼ね備えた栄養士になると決めました。


高校を卒業し、京都栄養士専門学校に入学。そして卒業し、病院で栄養士として勤務しました。


3年後、国家試験に合格。管理栄養士になり、病院で臨床栄養、減量 ・スポーツ施設でスポーツ栄養、ダイエットを合わせて10年間勉強してきました。


またその時、健康運動指導士の資格もとり、健康には食事・運動・睡眠の重要性を指導していました。


健康維持のために、健康回復のためにも適度な運動や食事・水に気をつける事はとても大事だと思います。


そんな栄養士の仕事に携われ、それなりにやりがいはあったのですが 少しずつ何か物足りなさを感じていくようになりました。


それは、病院ではお医者さんが一番。 痛みをとってあげる、病気を治してあげるという事は、栄養士にはできません。


医師の指示のもと、食事の管理・指導してあげることぐらいで、 まだまだコメディカルスタッフの栄養士には、泣いて喜ばれるぐらい 「ありがとう」と言われることはありませんでした。


自分はもっとできるのではないか?


もっと人の役に立てるのではないか?


という思いが強くなり、 もっと大きなありがとうを言っていただきたくて、12年前に整体師の道に入りました。


開業して7年、整体を通して直接痛みをとってあげることによって


「先生、ありがとう。」
「先生の言う通りにしたら治った。」


など嬉しいことも日々あり、 そしてついには長年の痛みがとれたと泣いて喜んでくれた方もあらわれるようになりました。


「先生がいてくれたから・・」この言葉は本当に嬉しかったです。


整体師の仕事も大好きなのですが管理栄養士でもあるので、ついつい食事のことは気になってしまいます。


そんな私の栄養士としての思いは、いろんな情報が飛び交うこの世の中で自分の力で 正しい食事選択が出来る力を養ってもらうという思いがあります。


小学生には小学生の、高齢者には高齢者にあった食事の仕方や栄養の摂り方がありますのでそれらを無理なく続けられるようアドバイスもしたりしています。


もちろん整体師としての思いは、1人でも多くの痛みをとってあげることで日々頑張っておりますが、でもそれだけでは不十分でその先の思いもあるんです。


それは、ずっと痛みの出にくい体になってもらうこと!


ずっと健康でいてもらうこと!


その為には体の中からの栄養はもちろん生活習慣の改善、運動、 自分で出来る回復の体操、ポジティブな心のあり方など 多方面からのアプローチが必要なのでもっと効果的にもっと分かりやすくできないかと日々研究しております。


技術職はほんと終りがなくいくつになっても勉強ですね。


それが楽しさの一つでもあるのですが。



この自己紹介を書いているうちにどうしてこう思うようになったんだろう??
と考えた時に両親からの影響が大きかったと思いました。


両親からの影響 

今は亡き父ですが素晴らしい人でした。


自分だけが良いということは絶対に許さない人でした。


昔、私が小学生だった頃友達二人と父の車にのせてもらい 校区外のプラモデル屋さんまでガンダムのプラモデルを買いに 連れて行ってもらった時のことです。


近くまで乗せて貰って、私だけ一番に降りて友達をほってお店まで走って行きました。


当時、ガンダムのプラモデルは大人気でみんな喉から手が出るほど欲しかった時代です。


結局売り切れで誰も買えなっかたのですがその日の夜、 父からめちゃめちゃ怒られました。


友達をほって自分だけ走って行ったことが理由でした。


今でも覚えているのでそうとう怒られたんだと思います。


そんな父に育てていただきましたので自分だけはダメ!健康でいられることは幸せなことであり、自分だけ健康ではダメ!


多くの人を元気にしてあげたいという思いは、父の影響が大きいと思います。



恥ずかしいんですが・・・


短所ももちろんあります。


人からの第一印象は優しそうとよく言われますが・・・


実は、私こう見えてけっこう頑固だったりします。 やりたくないことはしません(笑


開院したての頃、態度の悪い患者さんが来られ、思わず「帰ってください。」っと言ってしまいました。


今思えば、もしかしたら辛い思いから態度が悪かったのかもしれないと少し反省しています。


整体を志す時に、よく当たるという占い師の先生にみてもらったことがあります。


「先生、整体の仕事ってどうですか?向いていますか?」


「うん、あんたこれ天職だよ」と言っていただきました。


教育、医療、飲食、宗教が向いていて事業運もかなりあるらしいです。


しかし、こうとも言われました。


「あんた、サラリーマンでは失敗する」


あらら(涙  


協調性がないのか?? はたまた 社長器質なのか?? 後者であって欲しいですが・・(笑



まだまだお話したいこともあるのですが、長いのも良くないのでこのへんにしておきます。



自己紹介を書きながらいろんなことを思い出しておりますとこうやって整体を通して必要とされ、お仕事をさせていただけることはほんとにありがたいなと思います。


当院を信じてくださって多くの方が支えてくださり、楽しい毎日を過ごすことができて本当に幸せです。


こんな私ですが


私を信じて来てくださる方の為には、精いっぱいの技術と知識と思いをお渡しし、結果にこだわった施術をさせていただきます。


そして多くの方の希望となれるようこれからも日々頑張ります。



最後まで読んでいただいてありがとうございました。




線1


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional